歯医者が苦手・なかなか行く気になれない・足が遠のく、といったことの原因が「治療の痛みが苦手」「痛いのが怖い」という方は少なくありません。

当院では、痛みの無い治療のための様々な設備や技術の導入を行っています。

ここでは痛みを和らげる工夫の一部をご紹介いたします。

無痛麻酔

一般的な歯医者さんでは、痛みの一つに「麻酔が痛い」ということがよく言われております。当院では麻酔時の痛みを和らげるために、以下の設備を取り入れています。

表面麻酔ジェル

ジェル

麻酔注射針が入る時のチクッとした刺激を和らげるために、事前に歯ぐきにジェル状の表面麻酔を塗布しておきます。このジェルを塗り時間をおくことで、歯ぐきの表面がだんだんと麻痺してきますので、針が刺さる感覚が大きく軽減されます。

麻酔液を温めるウォーマー

カートリッジウォーマー

麻酔注射が痛いと言われる理由の一つが麻酔液の温度と患者様ご自身の体温との温度差です。

この温度差による痛みをなくすために、当院では事前に麻酔液専用のカートリッジウォーマーを導入、麻酔液を人肌程度の温度に温めておくことで麻酔液が入っていくときの痛みを軽減します。

33Gの極細麻酔針

麻酔注射

麻酔の針は33G(ゲージ)と呼ばれる数値の一番細いタイプを使用します。

針が細ければ細いほど刺さる時の刺激は少なくて済む、痛みが少ないのですが、この数字が高いほど、針は細くなっていきます。

参考までに一般的な医科の採血で使われる注射針は20Gほど、33Gは本当に細い針ですので、どうぞご安心ください。

自動麻酔液注入器

オーラスター

麻酔時の痛みの一番のの原因は、麻酔液が入っていくときの圧力です。

麻酔をゆっくり打つほどその痛みは小さいのですが、人間の手で麻酔注射を行うとどうしてもムラが出ます。

そこで当院では電動で少しずつ麻酔液を注入していくことができる自動麻酔液注入器を導入しました。

麻酔液の注入はコンピューター制御により管理され、一定の液量でゆっくり正確に注入することができるので、麻酔時に起きる圧力痛を極力軽減します。

もちろん当院のDr.は上記の4点が無くとも痛みの少ない麻酔注射を打つことができますが、念のために導入しております。「いつ麻酔をしたんですか?」と言われることもあり、患者様にはご好評をいただいております。

個人差がありますので、全く痛まないとは言いきれないのですが、痛みを少なくするといった点では効果はあります。無痛麻酔を取り入れている歯科医院は限られておりますので、痛みが苦手な方は、一度当院までご相談いただければと思います。

静脈内鎮静法

眠ったような感覚で手術が終わる

麻酔

当院では、インプラント等の外科処置における麻酔の方法として、リラックスしながら治療をお受けいただける静脈内鎮静法を取りれております。

静脈内鎮静法では、眠っているようなうとうとしたような感覚で緊張感や不安なく施術をお受けいただけ、治療終了時には「もう終わったのですか?」との感想も多く、ご好評をいただいているオプション麻酔法の一つです。

患者様のご希望があった場合にのみ行われるオプションの麻酔法で、経験と実績が豊富な麻酔専門医による管理下で、万全の体制で安全に行われます。インプラントやその他の外科処置時において、どうしても痛みが怖いという方はご相談ください。

12/1(火)受付開始

03-5879-8462

業者様専用ダイヤル(診療予約不可):070-6406-2290

平日  09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町2-6-10
石上ビル-3 1F

都営新宿線「篠崎駅」南口徒歩 1