当院では歯科口腔外科領域の治療に関して、歯科口腔外科専門医と連携を取り、安全に外科処置を行っていきます。

なお処置に関しては、疾患の現状に加え、処置により起こり得る症状についてなどのご説明をあらかじめさせていただいて患者様の不安を取り除いた上で行いますので、どうぞご安心ください。

ここでは、当院における歯科口腔外科の治療について、ご紹介させていただきます。

親知らずの抜歯

当院では親知らず(智歯)の抜歯を行っています。

親知らずがあれば必ず抜かなければならないのか?

親知らず

決してそんなことはなく、特に症状がない場合は無理に抜く必要がない場合が多いです。

また、歯列に綺麗に並んで噛み合わせにも参加しているような場合は、むしろ大切に使っていくとよいです。

親知らずを抜いたほうがいいケース

歯茎の腫れ

歯茎が腫れて痛みが出やすい、親知らずや親知らずの前の歯の後ろ側が虫歯になっている、といったような場合では抜歯をした方が良いケースが多いです。

歯の生え方や歯の周囲の骨のかぶり方により抜歯の術式が変わるため、まずは精査を行い、よくご説明をさせていただいて患者様に納得いただいてから、処置をさせていただきます。

親知らずの生え方の違いと種類

歯列の一番後ろに一番最後に生えてくる親知らずは、生えるスペースが足りなくなっていたりすることで、様々な生え方をする特性があります。

親知らずの生え方によって出やすい症状やその頻度、治療方法が少し違ってきます。

まっすぐ生えている場合

まっすぐな親知らず

生えるスペースが足りていれば親知らずでもまっすぐに生えてきます。

まっすぐに生えていても、歯ぐきが腫れやすかったり、親知らず自体もしくは親知らずの前の歯の親知らず側が虫歯になっている、かみ合わせに問題がある、歯磨きがしにくい、長期的な観点からすると痛みや腫れが起こる可能性が高いといったケースでは、抜歯をした方がよいことがあります。

まっすぐ生えていて特に症状がない親知らずは、そのまま放置しても特に問題はありません。

「痛みはないけどむずむずするような違和感があることはある」「食べ物があたると少し痛みを感じる」「体調が悪い時に歯ぐきが腫れて痛みが出ることがある」「親知らず周囲の歯ぐきに痛みがある」など、少しでも違和感があるような場合には、歯科医院で診察を受けることをおすすめします。

水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)

水平埋伏智歯

骨に埋まっている状態の親知らずを「埋伏智歯(まいふくちし)」といいます。

真横に寝たような状態で水平に埋まっている親知らずを「水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)」と呼びます。

この生え方の親知らずは、歯が中途半端に一部露出していることで、炎症が起こったり、虫歯になることが多いです。

水平埋伏智歯の抜歯の方法は、歯ぐきを切開して歯が見える状態にして、歯を分割して抜いていき、歯が抜けた後には洗浄して縫って終了です。

歯ぐきを切開というと痛いイメージがあります、手術前には麻酔を行うので痛みは起こりません。術後には痛み止めと抗生剤を処方、内服していただくことで、術後症状が軽減されますので、安心して手術をお受けいただけます。

完全埋伏智歯(かんぜんまいふくちし)

完全埋伏智歯

完全に骨の中に埋まっている親知らずを完全埋伏智歯といいます。
骨の中に完全に埋まっているため、症状が生じることは少ないのですが、稀にこれに起因して、骨が溶けたり、腫瘍になるケースもあります。

自覚症状がない事が多いので、定期的にレントゲン検査を受けて様子を見て、必要があれば早めに対処することをお勧めしてます。

顎関節症

顎の痛み

口を開けると顎が痛む、顎が疲れる、顎が痛くて口が開けられない等の症状は顎関節症の疑いがあります。顎関節症も歯科口腔外科の領域になります。

当院では、スプリントを装着して顎関節症を治療する、マウスピース治療を行っております。

マウスピース治療

マウスピース

顎関節症のほとんどは、噛み合わせが原因で生じます。

マウスピース治療を行う際には、まずは型採りをさせていただき、患者様の顎関節症の治療に適した形のスプリントをご用意して、次の診療でお渡し致します。

口腔内は特にいじることなく行える身体に優しい治療法です。

マウスピースによる治療によって、顎関節の負担を減らしたり、適切な形態に維持することで、顎関節を適切な状態に導きます。

マウスピース治療は保険治療の範囲で行うことができます。

スポーツ用マウスピース

スポーツ用マウスピース

スポーツにおける接触や転倒などの衝撃から歯を守る方法の一つとして、歯科医院で製作するオーダーメイドのマウスピースがあります。

歯の打撲や破折の予防だけでなく、唇や頬を切らないで済んだり、サッカーのヘディングにおける脳震盪の防止、スポーツ全般における瞬発力アップの効果などの様々な効果が期待できます。

ラグビーやアメリカンフットボール等、激しい接触があるスポーツはもちろん、最近では競技人口の増えているラクロスやソフトボール、野球などでもマウスピースの需要は高まっています。

また近年では、小学校・中学校の運動系のクラブ活動におけるマウスピース装着の必要性も度々報告されています。

歯科医院で作るスポーツ用マウスピースの利点

プレイヤーのお口を保護し、パフォーマンスを高める効果も期待できるスポーツ用マウスピースですが、何らかのスポーツ用マウスピースをつけていればいい、というわけではありません。

スポーツ用品店などで市販されているものもありますが、緩かったり、外れやすかったりするものも多く、咬み合わせを考えて作られたものでもないため、顎の関節を痛めたり、うまく集中できないといった弊害が生じることもあります。また、咬み合わせ部分の厚みが十分でなく、すぐに穴が開いてしまう商品も多いようです。

一方、歯科医院でオーダーメイドで作られるスポーツ用マウスピースは、お口の中のプロが作ることで、歯にピッタリと適合して外れにくく、着用感が良く違和感も少なく、発音にも影響を与えにくいです。また、お口の保護能力は市販のものを使用するのに比べて格段に高いともいわれています。

スポーツ用マウスピースにはカラフルなものから無色まで、お好みに合わせて様々なタイプがございます。

歯科医院で製作するスポーツ用マウスピースにご興味がおありでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

外傷(強くぶつけた・歯が折れた・抜け落ちた際の治療)

歯が折れた

当院は子どもから大人まで、接触や転倒などで歯が折れたり抜けたりした際の外傷治療を行っております。大きな衝撃で歯をぶつけてしまった場合などにもどうぞご相談ください。

歯が抜け落ちてしまった場合に現場でしていただきたい処置

ティースキーパー「ネオ」

強い衝撃などで歯が抜けてしまった場合にはとにかくなるべく早く(20分以内)に、適切に保存された歯を持参にて、歯科医院を受診していただくことが肝要です。

抜け落ちた歯を適切に保存するとはすなわち、抜け落ちた歯の根元に付着している歯の再植に役立つ組織である歯根膜を守ることです。

歯根膜を守る具体的な方法は以下です。

抜け落ちた歯は手で持たず、歯の保存液(学校の保健室などには大概置いてあります)や牛乳に漬けて、もしそういった液体がなければ、お口の中に入れて唾液で守ります。

抜け落ちた歯の再植が成功するよう、ぜひともご協力をお願いします。

12/1(火)受付開始

03-5879-8462

業者様専用ダイヤル(診療予約不可):070-6406-2290

平日  09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町2-6-10
石上ビル-3 1F

都営新宿線「篠崎駅」南口徒歩 1