当院では「8つのこだわり」をもってインプラント治療に取り組んでおります。

安全で確実な治療を行うのはもちろんのこと、患者様にご満足いただけること、治療後もお口の健康状態を長期にわたって維持できることを大切に、インプラント治療にあたっています。

こだわり① 安全性を高めた手術環境と事前の診査・診断

徹底した感染対策と滅菌体制

滅菌器

インプラント手術の成功のポイントに「感染防止」があげられます。

外科処置を行う医療機関としては当然のことですが、治療に使用する器具の滅菌、手術を行う診療室の衛生管理を徹底して行い、感染防止に努めております。

また、手術においては徹底した清潔域・不潔域の区別を行います。

患部周りにはドレーピングを行い、内回り(清潔域)と外回り(不潔域)のスタッフを配置し、手術に携わるDr.やスタッフの手元の清潔を徹底、手術を行う診療室への他の患者様の出入りを数時間前から禁止したりするなど、万全の感染対策・滅菌体制を整えています。

CTによる立体的な診査

歯科用CT

当院ではより少ないX線量で、高品質な3D画像が得られるモリタの最新機種の歯科用CT、ベラビューエポックス3Dを導入しています。

CT撮影を行うことで、歯や顎の骨の状態を立体的でわかりやすい3D画像で捉えることができ、インプラントを始めとした様々な外科処置、また、根っこの中といった微細な部分の処置の際に活躍します。患者様にご説明する際にも大変理解しやすいと好評をいただいています。

なお当機種は、大病院のCTのように着替えて寝て撮影する必要はなく、私服のまま立って撮影するだけのコンパクト設計のCTですので、特に構えずにお気軽にご利用いただければ幸いです。

院内に歯科用CTを導入しているクリニックは限られています。安全で正確な治療をお望みの方はぜひ当院まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

インプラント

インプラント治療の際には、事前にCT撮影をして顎骨の厚みや高さ・奥行きなどを立体的に確認し、埋入の方向や角度、インプラントのサイズを決めていきます。

また周囲の神経や血管の位置の把握も容易なことから、不要なトラブルを回避して安全にインプラントを埋入することができます。

親知らず

親知らずの抜歯の際にも親知らずの形や向き、深さ、根の近くに神経や血管が走っていないかなどの確認が出来るので、安全な治療を行うことができます。

歯周病

顎の骨がどのくらい後退しているか、歯周病の病態の把握に役立ちます。

根管治療

歯の根っこの治療時にも、通常の平面画像で情報を得るレントゲン撮影では見つからないような小さな歯根の割れや折れ、病巣が歯科用CTで初めて見つかるケースもあります。

超精密根管治療においても、ケースによっては歯科用CTを役立てています。

生体情報モニター、AEDを導入した万全な緊急時対応への備え

前述の通りで、基本を徹底していればインプラント治療は決して命に関わるものではないのですが、備えあれば憂いなし、万が一緊急事態が起きた時を想定して、手術中の患者様の状態を把握できる生体情報モニターやAEDを導入しています。

手術専用ライト(無影灯)を使用し、安全性を高めています

狭く暗い口腔内で、細かく、正確性を必要とする、インプラントなどの外科処置を行う際の安全性を高めるために、影を作らずに、明るく口の中を照らす「無影灯(むえいとう)」を使用しています。

無影灯を使うことで、通常の歯科用ライトでは届きにくい場所まで光で照らせるだけでなく、手術中の動作でどうしても生じてしまう影も大きく減らすことが出来るので、手術の安全性・正確性を高めることが出来ます。

安心の保証システム完備

当院ではインプラント治療や自費の白い被せもののような費用のかかる治療に対して、保証制度を完備しております。

十分な治療に関する説明、かかる時間や費用の説明、そしてその保証内容について患者様にご理解いただき、安心して治療を受けていただきたく思います。

詳しい保証制度に関しては当院にてご説明いたします。

<ブローネマルク10年保証><ストローマン7年保証><マイティス・京セラ5年保証>の保証内容はこちら↓

こだわり② 安心リラックス麻酔による無痛治療

眠ったような感覚で手術が終わる

静脈内鎮静法

インプラント手術は局所麻酔で十分に行える抜歯程度の治療ですが、どうしても手術に不安がある方には、経験豊富な麻酔科専門医のもと、静脈内鎮静法というリラックス麻酔にて、痛みを感じない治療が可能です。

この静脈内鎮静法によるリラックス麻酔により、患者様は「うとうと」した状態になり、緊張感や不安を感じない、まるで眠っていたような感覚で手術を終える事が出来ます。

なお、静脈内鎮静法は身体への負担が少なく、副作用や後遺症などもありませんのでどうぞご安心ください。静脈内鎮静法は患者様の希望がある場合にのみ行いますので、ご希望される方は担当にお伝えください。

こだわり③ 長い目で見ればリーズナブルな費用

長い目で見ると費用対効果がよいインプラント

その価格から「インプラントは高いというイメージ」があるかもしれませんが、「長い目で見た場合には費用対効果が高い」ことをご存知でしょうか。

日本人が歯を失っていく典型的パターンというものがあります。

歯を一本失う

多くの方が保険の「ブリッジ」を選択され、両方の健康な歯が削られる

何年かすると支えとなっている歯が過度な負担のためにダメになる

ダメになった歯は抜かれ、部分入れ歯を入れる

部分入れ歯の針金をひっかけて支えにしている歯がダメになる

徐々に部分入れ歯の範囲が拡大していく

最終的に「総入れ歯」になる

このような、どんどんと他の歯まで失っていく負のスパイラルにストップをかける役割をするのがインプラントです。

インプラントは1本の独立した歯となり得るために、入れ歯やブリッジのように周囲の歯に一切の負担を与えません。

このように、結局失う歯が少なくて済むことから、インプラントは費用対効果がよいと言えるのです。

安全性・審美性の高い2ピース

インプラントの構造

10万円前後の格安インプラント治療というものを目にする機会も増えました。

インプラントには1ピースのものと2ピースのものがあるのをご存知でしょうか?格安インプラントではほとんど1ピースのインプラントが採用されています。

1ピースのインプラントはパーツが少ないことでコストを抑えることができるのですが、2ピースのものよりも感染リスクが高く審美性が低いということがあります。

当院のインプラントは全て2ピースのインプラントを使用しますが、一般的な1ピースのインプラントと同じ価格帯から3つの価格帯でのご用意がございます。

お値段の違いは、使用するメーカーや保証期間の違いなどによるものですが、詳しくは下の画像をご覧ください。

インプラント価格表

オールオン4(All-On-4)はこちら

信頼性の高いインプラントメーカーを使用

ブローネマルクシステム

当院では、全てメーカー純正のアバットメントを使用しています。

ノーベルバイオケア社製

インプラント治療は、スウェーデンの医師ブローネマルク教授が1950年代後半にチタンと骨の結合、すなわちオッセオインテグレーションを発見したことに端を発し、歯科への応用の研究が進められ、安全が確認されたことで1982年カナダのトロント大学のシンポジウムで発表されて以来、全世界で使用されるようになりました。

ノーベルバイオケア社は、ブローネマルクオリジナルのシステムを踏襲しているインプラント製品を扱っています。ブローネマルクシステムは、最も治療実績の積み重ねがあり、正しい方法で行うことで安全に処置することができるシステムです。

ストローマン社製

ストローマン社は、精密機械産業で世界的に有名なスイスのバーゼルに本社があ流、ノーベルバイオケア社と双璧をなす高品質インプラントをつくる最高位の老舗メーカーです。世界中の500万人以上がストローマンインプラントによる治療を受けており、世界シェアの面でもノーベルバイオケア社と1、2位を争い続けています。

97%を超える成功率(インプラントとしての一定の機能を果たしているかを示す値)と同時にインプラント周囲炎の発生率は1.8%とかなり低い値であることなど、科学的にその高い品質が証明されています。

また直近では、親水性を極限まで高めたインプラントの開発に成功、治療期間の大幅な短縮を可能にするなど、インプラント技術の革新をリードしているメーカーでもあります。

マイティス社

マイティス社は優れた国産インプラントメーカーの一つとして知られており、マイティスアローインプラントはその簡便な術式と高い生体親和性と安全性から高い評価を受け、現在世界16ヶ国へ輸出されています。

2006年には国産インプラントで唯一、FDA(アメリカ食品医薬品局)を認証取得しております。FDAは日本に輸入されている医薬品の認可などを行っている機関で、審査基準が非常に厳しいことで有名で、世界中で非常に権威ある機関として信頼されています。

京セラ

京セラは海外メーカーを参考にインプラント研究を行っている国内最大手のインプラントメーカーです。治療実績は未だ海外製インプラントには及びませんが、海外製インプラントに比べて治療費を抑えられるのが特徴です。

こだわり④ 難症例インプラントやオールオン4などに対応

オールオン4

インプラント治療が一般的になり、多くの歯科医院でインプラント治療を受けられるようになりましたが、顎の骨の厚みや高さ・量などが足りないケースでは、インプラント治療を断られる場合があります。

当院ではそのようなケースにも、難易度の高い骨造成・再生治療やオールオン4などにより、難症例インプラント治療を可能にしています。

詳しくは、オールオン4 ・難症例 骨造成インプラント のページもご覧ください。

ロケーターインプラント

ロケーターインプラント

ロケーターインプラントとは、インプラントと入れ歯とを留め具で結合させることで入れ歯を外れにくくして安定させ、入れ歯の痛みを軽減する治療法です。

かなり強固に結合するので、安定性に優れ、入れ歯を気にすることなくお食事も美味しくいただけて、大変好評をいただいている入れ歯です。

入れ歯の取り外しができるので、お口の中、入れ歯ともに清掃がしやすく、衛生面でも優れています。

ロケーターインプラントの料金は以下の通りです。

  • ストローマン
    (インプラント20万+アバットメント6.5万)⇒26.5万×2本=53万円
  • ブローネマルク
    (インプラント30万+アバットメント6.5万)⇒36.5万×2本=73万円
  • 入れ歯
    98,000円~350,000円

つまり、62万8千円(税抜)から14本の歯をつくることが可能です

無料相談会実施中です。費用や施術内容など、お気軽にお問い合わせください。

こだわり⑤ インプラントが唯一の選択肢ではない

治療法はインプラントが全てではなく、インプラント以外の選択肢もあります

ご相談下さい

インプラント治療はあくまでも失われた歯を再構築するいくつかある治療法の一つに過ぎません。

当院ではインプラント治療に関して、ブリッジや入れ歯などの他の治療法と比較した上でもやはりインプラント治療を強くご希望される患者様に施術するものとして取り組んでいます。

そのような患者様のご希望に添える様、当院は常に最新の技術・知識を得るために、学会や講習会に参加しております。

また、難症例に関しても、日本有数のインプラント専門医と共同で手術を行う環境が整っています。

入れ歯で満足できないなど、少しでもインプラント治療に興味があれば、治療の押し付けをなどは決してありませんので、どうぞお気軽にご相談下さい。

歯を失った場合には3つの治療選択肢があります

歯を失った場合には「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つの治療選択肢があります。下記の図のように、治療法により噛む力は何倍も異なります。

咬合力

「かみ応え」という項目をご覧いただければ分かりますが、インプラントであれば天然歯とほとんど変わらず噛むことができます。

ブリッジは天然歯の6割、入れ歯は天然歯の1/3です。「噛む」という行為は人間が生きる上で必要不可欠な行為だということです。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の耐用年数比較

インプラント・ブリッジ・入れ歯の耐用年数比較
出典:インプラントジャーナル

  • 入れ歯4年経過後に50%の入れ歯が破損・不具合などで作り直し
  • ブリッジ8年経過後に50%が破損・不具合などで作り直し
  • インプラント10年経過後でもわずか4%のみが破損・不具合で作り直し

上記により、他の治療法と比較し、インプラントがどれだけ安定性・信頼性があるかがご理解いただけるかと思います。

こだわり⑥ フラップレス式の切らないインプラント

ガイドステント

従来のインプラント手術は、歯ぐきを切開して、その中の顎の骨を十分に目視で確認してからインプラントを埋入していましたが、当院では最新の技術を用い、歯ぐきを切らずにインプラントを埋入する切り開かないインプラント治療、「フラップレス術式」を行なっています。

歯科用CTによる3Dデータと、コンピュータによるシミュレーションソフト、穴を安全に開けるためのガイドステントを使うことで、歯ぐきを切開することなく直径3mm程度の小さな穴を正確な位置と向きで開けて、正確な埋入を行えるのです。

この方法で…

  • 出血が少ない
  • 痛みが少ない
  • 腫れが少ない(場合によっては全く腫れない)

…など、お身体に負担の少ないインプラント治療が可能になりました。
※なお、症例によっては対応できない場合がございますので、詳しくはスタッフまでお問合せ下さい。

こだわり⑦ 世界標準の衛生管理・滅菌体制

オートクレーブ

インプラントは器具の確実な滅菌が重要となります。当院では高蒸気圧滅菌器を使用し、患者さんのお口に入る器具はすべて徹底した滅菌を行っています。

ユニットウォーターライン除菌装置

ポセイドン

人と自然に優しい中性電解水を歯科ユニットや医院全体に通水させることにより医院の水配管内の細菌などの繁殖を抑え、衛生的な給水系の環境を整備するシステムです。

ハンドピース自動洗浄機

当院では歯を削る道具であるハンドピースの滅菌はもちろんのこと、洗浄・注油を確実に適切に行うためのハンドピースの全自動洗浄機をいち早く導入しております。

タービン・グローブの交換

医療用グローブ

患者さんごとに必ずタービンは滅菌したものに交換、医療用ゴム手袋は使い捨てタイプを使用、患者さん毎に交換しています。

近年問題となっている一般歯科医院の衛生問題にも当院では開業当時から当たり前に取り組んでおります。

こだわり⑧ 歯のデザインへのこだわり

歯科技工士

当院ではたとえデザインするものがセラミック歯1歯だけの場合でも、それぞれの患者様ごとに最適な色や形、大きさや質感、全体的なバランスを考慮した、お一人お一人にオーダーメイドの治療を行っています。

歯並びのみならず、唇が被さった時の見え方、顔の形やバランスにも考慮して治療計画を立てます。

歯を作るときに当院がこだわるポイントは次の5つです。

  • ①正中線:顔の中心ラインが歯の真ん中のラインと一致していること
  • ②歯の切端:歯の先端の位置やライン
  • ③スマイルライン:口を開けたとき、笑った際の前歯と唇のライン
  • ④咬合平面:歯の噛み合わせを1つの面としてあらわしたもの
  • ⑤歯肉レベル:歯ぐきのきわの高さ

ゴールデンプロポーション(黄金比)

歯並びには他人が見た時に美しいと感じる黄金比率があります。それはゴールデンプロポーションと呼ばれ、

  • 中切歯:側切歯:犬歯 =1.618:1.0:0.618

の比率で、左右対称であること言われています。当院では上記の黄金比率と患者様のお顔のバランスとを考慮して、ベストなセラミック歯の形を決定いたします。

自然な歯の色と質感

審美的な歯

どんなに良い素材を使って歯を作っても、本物の歯のような自然な色と質感でなければその歯が美しい、審美的であるとは言い難いです。一部の芸能人に見られるような不自然に真っ白い歯は審美的とは言えないとおもいます。

当院では歯科技工士との密な連携により、自然な歯の色・形・質感を可能にしました。

色:自然な歯の基本色は「オレンジ」です。オレンジを基本として、更に患者様に合わせて色合いを4種類に分類します。

明度:歯の明度にも個人差があるので、それを踏まえて患者様に合う、自然で美しい歯の色を計画します。

形:歯の形をキレイなカーブを描いたデザインにすることで、正面だけでなく上や横から見たときにも周囲に馴染む、自然な形になるようデザインしていきます。

12/1(火)受付開始

03-5879-8462

業者様専用ダイヤル(診療予約不可):070-6406-2290

平日  09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町2-6-10
石上ビル-3 1F

都営新宿線「篠崎駅」南口徒歩 1